うみねこのにくきゅう

面白いもの紹介

山形の美味いもの

 

 

 どうも、うみねこです。

 

 当ブログは連続テレビ小説おしん」関係で検索から閲覧して頂く方が多いようなのですが、今回は「おしん」の故郷、山形の美味いものをご紹介してみたいと思います。

 

 生まれも育ちも山形の私の独断と偏見で選ばせて頂きました。

 

 まずはこちらから。

 

 

 


 

 

 

 やっぱり山形と言えば「芋煮」です。

 

 まさにソウルフードで秋の芋煮会の時期になるとスーパーに芋煮の食材コーナーが出来ます。

 

 毎年「日本一の芋煮会フェスティバル」というものが開かれており、一度に三万食も作れる巨大な鍋を掻き混ぜるのに芋煮会専用重機(新車で食用の油でメンテナンスされているそうです)が使用されるなど、一見、さらに一食の価値があるイベントです。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

果樹園だより 10個入り
価格:1793円(税込、送料別) (2019/10/26時点)


 

 

 

 山形と言えば「果樹王国」と言われるくらい果物の生産が盛んな所です。

 

 その中でも「さくらんぼ」と「ラフランス」は有名です。

 

 個人的には旬の時期に生食するのが一番だと思いますが、こちらは山形の有名な菓子処「杵屋本店」さんの一品でおススメですね。

 

 

 


 

 

 

 山形は米所(こめどころ)としても有名です。

 

 「はえぬき」というお米も美味しいのですが、この「つや姫」は炊き立てはもちろん、冷めた時のおいしさが違うんですよね。

 

 お弁当やおにぎり、お寿司なんかに合っていると個人的には思います。

 

 

 


 

 

 

 山形の夏と言えば「冷やしラーメン」「冷たいラーメン」です。

 

 山形は元々蕎麦の産地で麺好きの文化があります。

 

 そのせいか外食でラーメンに使う金額が全国一位なんですよね。

 

 そして東北ですが盆地で夏は結構暑いので、冷やし文化といったものもあるのです。

 

 冷やしラーメンだけじゃなく冷やしシャンプーなんてものをやっている理容店もあるんですよね。

 

 この冷やしラーメンは蕎麦の出汁を彷彿とさせるさっぱりとした醤油味で美味しいですよ。

 

 

 

 それでは今回は以上となります。

 

 気になるものはございましたでしょうか?

 

 ではまた。