うみねこのにくきゅう

面白いもの紹介

山形の美味いもの3

 

 

 どうも、うみねこです。

 

 過去2回ほど山形の美味いものをご紹介したのですが、「あ、アレ忘れてた!」というものがあったのでまたご紹介したいと思います。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鯉の甘煮(5パック入)
価格:3000円(税込、送料無料) (2019/11/1時点)


 

 

 

 山形ではよく鯉の甘露煮を食べます。

 

 自分はお正月のご馳走というイメージですね。

 

 名君として知られている上杉鷹山公がコイの養殖を推奨したとも言われていますね。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【三奥屋】青菜漬1kg
価格:1944円(税込、送料別) (2019/11/1時点)


 

 

 

 山形を代表する漬け物と言えば「青菜漬(せいさいづけ)」です。

 

 ちょっと辛みがあって食感もシャキシャキとしていて止まらなくなります。

 

 古漬けになると酸味が出てくるのですが、それを炒めて食べるという地元ならではの裏技っぽい食べ方もあります。

 

 

 


 

 

 

 最近はテレビなどでも紹介されて有名になった山形の「だし」です。

 

 簡単に言うと刻んだ浅漬けといった感じでご飯に掛けたり豆腐に掛けたりして食べます。

 

 暑い山形の夏には欠かせないですね。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

棒だら煮 【山形の郷土料理 干し鱈の煮付け】
価格:1080円(税込、送料別) (2019/11/1時点)


 

 

 

 山形では棒鱈煮もよく食べます。

 

 以前紹介した「芋煮」は現在では牛肉が使われていますが、その原型となった料理は棒鱈と里芋を一緒に煮たものだったようです。

 

 

 

 さて今回はここまで。

 

 ではまた。