うみねこのにくきゅう

面白いもの紹介

全国美味いもの巡り 宮城県

 

 

 どうも、うみねこです。

 

 当ブログでは以前、連続テレビ小説おしん」について取り上げ、その後、おしんの故郷であり、わが故郷でもある「山形」の美味いものや名産品についてご紹介したのですが、その記事を書いているうちに思ったことがあります。

 

 日本って自分の知らない美味しいものがまだまだたくさんあるんだろうな、と。

 

 すいません、食いしん坊なので。

 

 そこで自分の経験、知識を元に、さらに知らなかったことは勉強しながら全国の美味いものを紹介していく記事も面白いかもしれないと思い、いつも通りの思い付きで、このシリーズを初めてみました。

 

 第一回目となる今回は山形のお隣、宮城県です。

 

 では始めます。

 

 

 

 


 

 

 


 

 

 

 

 私が宮城県、仙台と聞いて、まず思い浮かぶのはやはり「牛たん」ですね。

 

 第二次世界大戦後、日本にはGHQが来たわけですが、その時、日本人にはあまり馴染みがなかった牛肉がたくさん食べられました。

 

 その際、牛タンやテールが大量に残ることになり、仙台の焼き鳥屋さんがそれを有効活用しようと始めたのが「仙台牛タン」の発祥らしいですね。

 

 そのため仙台では「牛タン、テールスープ、麦飯、お漬物」がセットになっている「牛タン定食」が定番となっているようです。

 

 

 


 

 

 

  続いてご紹介するのは「笹かま」です。

 

 魚のすり身を蒸しあげた練り物、要するに「かまぼこ」ですが、なんといっても特徴的なのは笹のような形をしているというところですね。

 

 食感もよく、お酒のおつまみにも最高ですよね。

 

 なんでも伊達政宗で有名な伊達家の家紋が「竹に雀」ということで「笹かまぼこ」と呼ばれるようになったようです。

 

 

 


 

 

 

 宮城県と言えば石巻の海の幸も外せません。

 

 中でも南三陸金華山周辺で獲れる「金華サバ」は上質な脂がのっていて全国的に有名ですね。

 

 鯖寿司なども美味しいのですが、こちらは金華サバの「生ハム」という一味違う商品となっています。

 

 

 


 

 

 

 今回、最後にご紹介するのは「ずんだ」です。

 

 枝豆をすりつぶし、砂糖を加えてあんこにしたものですね。

 

 仙台土産として有名だと思いますが、実は私の出身地である山形にもずんだを食べる食文化があり、よくお餅に付けて食べたりします。

 

 若い方だとVOICEROIDで有名になったキャラクターの「東北ずん子」などで知った方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 それでは今回はここまで。

 

 またお会いしましょう。

 

 

 

 

山形の伝統野菜

 

 どうも、うみねこです。

 

 今回は山形の伝統野菜に関連する商品をご紹介してみたいと思います。

 

 

 

 


 

 

 

 こちらは山形県鶴岡市の旧温海(あつみ)町で昔ながらの焼畑農法で育てられている伝統野菜「温海かぶ」の甘酢漬けです。

 

 見た目も綺麗で程よい酸味とサクサクした食感が最高なんですよね。

 

 山形ではお茶請けにお漬物を出す文化があるので、こちらの漬け物も定番ですね。

 

 

 


 

 

 

 テレビ番組でも取り上げられ全国的にも有名になった「だだちゃ豆」です。

 

 生産数が限られていて普通の枝豆よりも少々お高いですが、甘みや風味が格別だと思います。

 

 枝豆というと夏のビールのお供というイメージが強いと思いますが、山形ではお正月に数の子と一緒に食べるのが定番ですね。

 

 

 


 

 

 

 こちらの悪戸芋は日本一の芋煮会でも使われた美味しい里芋です。

 

 山形のスーパーでは他の産地の里芋とは別に置かれていて、値段はお高めですが、普通の里芋よりねっとりとした食感で煮物にすると最高です。

 

 

 

 はい、今回はここまで。

 

 ではまた。

 

 

 

 

山形の美味いもの4

 

 

 まだまだあった山形の美味いもの!

 

 ということで、ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 


 

 

 

 「でん六」さんは山形を代表する豆菓子メーカーです。

 

 このふうき豆は上品な甘さでお茶請けにもぴったりですし、一度食べ出すと止まらないんですよね。

 

 

 


 

 

 

 山形銘菓「のし梅」、簡単に言うと梅のゼリー菓子なのですが、酸味と甘みの絶妙なバランスが癖になり、定期的に食べたくなります。

 

 竹皮に挟まれた見た目もオシャレです。

 

 

 


 

 

 

 山形で人が集まるところでいつの間にか食べているもの、それが玉こんにゃく、略して「玉コン」です。

 

 からしを付けて食べるのがポイントですね。

 

 「でもこんにゃくでしょ?」と思うかもしれませんが、食感が普通のこんにゃくとは違うんですよね。

 

 

 


 

 

 

 山形県はフルーツ王国ということでブドウの生産も多く、ワインを作っているところも多いです。

 

 飲み比べてみるとお好みの味に出会えるかもしれないですよ?

 

 

 

 

 はい、今回はこの辺で。

 

 ではまた。

 

 

 

 

山形の工芸品

 

 

 どうも、うみねこです。

 

 今回は山形の工芸品をご紹介してみたいと思います。

  

 

 


 

 

 


 

 

 

 山形県天童市といえば将棋駒の生産量日本一の「将棋のまち」として知られています。

 

 毎年「人間将棋」という甲冑姿の人間が駒となってプロ棋士が対局を行うイベントも開催されていますね。

 

 上で紹介したものは「左馬」といって縁起物です。

 

 馬は左から乗るもので右から乗ろうとすると転んでしまうと言われていて、左馬はつまずくことなく人生を過ごせるという意味らしいですね。

 

 

 


 

 

 

  あまり知られていないかもしれませんが、山形は鋳物も有名です。

 

 最近は海外でも人気が出てきているようでその価値が見直されてきています。

 

 鉄瓶などは高級品なのでなかなか手が出ませんが、こちらの箸置きなんてお客様が来た時にさりげなくお出ししたらオシャレではないでしょうか。

 

 

 


 

 

 

  山形を代表する名産のひとつが「紅花」です。

 

 私も小学校の時に紅花の収穫体験をした覚えがあります。

 

 紅花染めは派手過ぎず日本人好みの色合いだと思います。

 

 他にも紅花は多くの化粧品に使われていますね。

 

 

 


 

 

 

 山形は文字通り山が多いので山の幸も豊富です。

 

 その中で育まれたのが植物の蔓で籠を作る文化なのです。

 

 私の亡くなった祖父も私が小さい頃は器用に蔓を編んで入れ物を作っていました。

 

 今回ご紹介したのは山葡萄の蔓で作ったバッグですが、あけびという植物の蔓を使うこともありますね。

 

 ちなみにあけびの実は中に甘い種があり、それを食べるものですが、山形では外側の苦い皮の部分を煮たり天麩羅にして食べる文化があります。

 

 

 

 

 さて今回はこの辺で。

 

 ではまた。

 

 

 

 

山形の美味いもの3

 

 

 どうも、うみねこです。

 

 過去2回ほど山形の美味いものをご紹介したのですが、「あ、アレ忘れてた!」というものがあったのでまたご紹介したいと思います。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鯉の甘煮(5パック入)
価格:3000円(税込、送料無料) (2019/11/1時点)


 

 

 

 山形ではよく鯉の甘露煮を食べます。

 

 自分はお正月のご馳走というイメージですね。

 

 名君として知られている上杉鷹山公がコイの養殖を推奨したとも言われていますね。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【三奥屋】青菜漬1kg
価格:1944円(税込、送料別) (2019/11/1時点)


 

 

 

 山形を代表する漬け物と言えば「青菜漬(せいさいづけ)」です。

 

 ちょっと辛みがあって食感もシャキシャキとしていて止まらなくなります。

 

 古漬けになると酸味が出てくるのですが、それを炒めて食べるという地元ならではの裏技っぽい食べ方もあります。

 

 

 


 

 

 

 最近はテレビなどでも紹介されて有名になった山形の「だし」です。

 

 簡単に言うと刻んだ浅漬けといった感じでご飯に掛けたり豆腐に掛けたりして食べます。

 

 暑い山形の夏には欠かせないですね。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

棒だら煮 【山形の郷土料理 干し鱈の煮付け】
価格:1080円(税込、送料別) (2019/11/1時点)


 

 

 

 山形では棒鱈煮もよく食べます。

 

 以前紹介した「芋煮」は現在では牛肉が使われていますが、その原型となった料理は棒鱈と里芋を一緒に煮たものだったようです。

 

 

 

 さて今回はここまで。

 

 ではまた。

 

 

 

 

山形の美味いもの2

 

 先日、「山形の美味いもの」という記事を書かせて頂いたのですが、山形にはまだまだ美味いものがあると思うので第二弾を書いてみたいと思います。

 

 それではまずこちらから。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[肘折に花を!] 山形の郷土料理山形の納豆汁の素(フリーズドライ)
価格:600円(税込、送料別) (2019/10/29時点)


 

 

 

 山形の鍋物というと芋煮が有名なのですが、こちらの納豆汁も私は好きなんですよね。

 

 毎年1月7日に七草がゆを食べる習慣があると思いますが、雪国では雪が多く七草を手に入れることが難しいため、代わりに納豆汁というものを食べるようになったと言われていますね。

 

 地域性もあると思いますが、我が家では納豆の他にセリ、芋がら、豆腐なんか入れています。

 

 

 


 

 

 

 山形では食用菊もよく食べられています。

 

 我が家では酢醤油やポン酢を掛けて食べることが多いです。

 

 お味噌汁に入れて食べるという方もよく聞きますね。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

出羽の精 【山形県鶴岡産 庄内柿干し柿】
価格:2940円(税込、送料別) (2019/10/31時点)


 

 

 

 山形には「庄内柿」というブランドがあり、柿もよく食べますね。

 

 自分の身の回りでも柿の樹がたくさんあり、自分で干し柿を作られる方もいらっしゃいます。

 

 

 


 

 

 

 全国的にも有名な山形が誇る米沢牛です。

 

 個人的には脂が美味しい肉という印象がありますね。

 

 

 

 

 さて今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

 

 ではまた。

 

 

 

 

山形の美味いもの

 

 

 どうも、うみねこです。

 

 当ブログは連続テレビ小説おしん」関係で検索から閲覧して頂く方が多いようなのですが、今回は「おしん」の故郷、山形の美味いものをご紹介してみたいと思います。

 

 生まれも育ちも山形の私の独断と偏見で選ばせて頂きました。

 

 まずはこちらから。

 

 

 


 

 

 

 やっぱり山形と言えば「芋煮」です。

 

 まさにソウルフードで秋の芋煮会の時期になるとスーパーに芋煮の食材コーナーが出来ます。

 

 毎年「日本一の芋煮会フェスティバル」というものが開かれており、一度に三万食も作れる巨大な鍋を掻き混ぜるのに芋煮会専用重機(新車で食用の油でメンテナンスされているそうです)が使用されるなど、一見、さらに一食の価値があるイベントです。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

果樹園だより 10個入り
価格:1793円(税込、送料別) (2019/10/26時点)


 

 

 

 山形と言えば「果樹王国」と言われるくらい果物の生産が盛んな所です。

 

 その中でも「さくらんぼ」と「ラフランス」は有名です。

 

 個人的には旬の時期に生食するのが一番だと思いますが、こちらは山形の有名な菓子処「杵屋本店」さんの一品でおススメですね。

 

 

 


 

 

 

 山形は米所(こめどころ)としても有名です。

 

 「はえぬき」というお米も美味しいのですが、この「つや姫」は炊き立てはもちろん、冷めた時のおいしさが違うんですよね。

 

 お弁当やおにぎり、お寿司なんかに合っていると個人的には思います。

 

 

 


 

 

 

 山形の夏と言えば「冷やしラーメン」「冷たいラーメン」です。

 

 山形は元々蕎麦の産地で麺好きの文化があります。

 

 そのせいか外食でラーメンに使う金額が全国一位なんですよね。

 

 そして東北ですが盆地で夏は結構暑いので、冷やし文化といったものもあるのです。

 

 冷やしラーメンだけじゃなく冷やしシャンプーなんてものをやっている理容店もあるんですよね。

 

 この冷やしラーメンは蕎麦の出汁を彷彿とさせるさっぱりとした醤油味で美味しいですよ。

 

 

 

 それでは今回は以上となります。

 

 気になるものはございましたでしょうか?

 

 ではまた。